子宮内膜症 妊娠

子宮内膜症だと妊娠しにくいの?|不妊の原因
子宮内膜症と妊娠の関係について記しています。
戻る 先頭へ トップページへ

子宮内膜症ってなに?

子宮内膜症を説明する前に子宮内膜について説明します。

子宮は妊娠に必要な生殖器官の1つで卵巣、膣、卵管とつながっています。

子宮内側にある膜のことを子宮内膜と言い、女性ホルモンの分泌により厚くなっていきます。

厚くなることで受精卵を着床しやすくすることができます。

この厚くなった子宮内膜は妊娠をしていないと剥がれ落ち、血液と一緒に体外に排出されていきます。

これが月経で、健康な女性であれば一定のサイクルで月経が起きます。

本来、剥がれ落ちる子宮内膜が子宮以外のところにできてしまう病気を子宮内膜症と言います。

子宮以外の箇所にできてしまうと、排出することができないため体内に蓄積されていきます。

それによりあらゆる症状を引き起こしてしまうんですね。

子宮内膜症は20代後半から40代前半の女性の約10%が発症しています。

子宮内膜症の症状について

この子宮内膜症はできてしまう箇所によって症状が全く異なります。

子宮内膜症に悩んでいる女性にアンケートを取ったところ、1番よく起こる症状が月経時の痛みです。

アンケートに答えてくれた90%の女性がこの症状を訴えています。

その他にも腹痛、腰痛、排便痛、疲労感、そして不妊症も症状として挙げられます。

実際に子宮内膜症で妊娠できずに悩んでいる女性は多くいます。

この子宮内膜症は月経とともに進行していくことから、人より月経の回数が多い人は症状に苦しむ傾向にあります。

もし、上記の症状で悩むことがあればすぐに病院や産婦人科に相談に行きましょう。

子宮内膜症の種類について

子宮内膜症は状態やできる箇所によって症状が異なるため、いくつかの種類に分けられています。

まずは腹腔内にサイズの小さい子宮内膜が多くできている状態のことをブルーベリースポットと言います。

初期段階であるため症状は軽いです。

次に子宮内膜症が卵巣内にできてしまうと、出血した血液が中に溜まってしまってチョコレート色に変化した状態のことをチョコレート嚢胞と言います。

このチョコレート嚢胞を患うと、卵巣がねじれて痛みを発症します。

次に子宮と直腸のくぼみに子宮内膜症ができてしまうダグラス窩子宮内膜症かあります。

子宮内膜症の中で症状が重く、子宮や直腸に癒着してしまうため排便痛や性交痛が起こってしまいます。

卵管周辺にできてしまうと卵子の行動を妨げてしまい、妊娠率が低下します。

これらの子宮内膜症は自力で直すことは困難ですので病院で薬物療法か手術を受けなければいけません。

この子宮内膜症の痛みの度合いについては個人差があるので、治療法については症状や本人の状態が考慮されて決定します。

子宮内膜症 妊娠、子宮内膜症 妊娠、子宮内膜症 妊娠




Copyright (c) 2015 子宮内膜症だと妊娠しにくいの?|不妊の原因 All rights reserved.